テレビとネットの融合をさらに加速へ -CMにQRコードをつけよう!-


2009年にレポート「テレビがつまらなくなったもう1つの理由 -視聴スタイルの変遷から考えてみる-」を発表した。
もしかしたら同レポートに書いているテレビ画面にコメントを表示するという機能は、niconicoTVで既に実装されていたかもしれない(僕はniconicoのことを知らなかったので、同サービスを参考に書いたわけでない)。
この時は、ふと思いついたことを勢いで書いた。

今回も、テレビを見ていてふと思ったことを。

テレビCMから広告主が離れていっているとどこかの記事で読んだ。
テレビを観る人がそもそも減っている他、広告効果の測定結果がネットに比べて納得感に欠けるなど離れている理由は様々。

時代は、スマートフォン片手にテレビを観るという「ながら視聴全盛期」。
だったらそれを武器にしてしまえばいいのに。

決済でも普及しつつあるQRコードを使って。
CM画面の右下にでもそこそこのサイズのQRコードを用意しておいて、
興味を持ったユーザーはQRコードを読み込んで商品・サービスのサイトへ飛ぶような仕掛けを用意してあげる。

もちろんサイトには計測タグを仕込んでおいて、
どこのユーザーがアクセスしたか、そしてアクセス件数はどのくらいなのかをスポンサーは集計できるようにする。

これだと広告代理店が用意したデータでなく、自前の納得できるデータが収集できるから、
広告主にとっては納得感アップ。

媒体、広告クリエイターが文句を言ったら?
文句を言わない媒体、広告クリエイターを選べばいいのではないでしょうか?

ふと思いついたことをメモとして。


コメントを残す