いよいよベスト8に WorldCupも大詰め


よく言えば波乱のない順当な勝ち進みで、ベスト8の陣営が出揃った。
ヨーロッパでの開催ということもあり、地元チームおよびヨーロッパでプレイする選手を多く抱えるチームがここまで勝ち残ってきたのと、FIFAが前回の日韓大会でのヨーロッパ各国リーグとワールドカップ開催までのインターバルが短く、本来のパフォーマンスを発揮できていないということも踏まえたスケジュールを組んだことが、こうした結果を生み出しているのだと思う。
さて、しつこいようだけれども、相変わらずユニフォーム別に見た勝ち残り状況について。

予選成績 国名ユニフォームメーカー
グループA 1位 germanyドイツadidasアディダス
グループC 1位 argentinaアルゼンチンadidasアディダス

予選成績 国名ユニフォームメーカー
グループB 1位 englandイングランドumbroアンブロ
グループD 1位 portugalポルトガルnikeナイキ

予選成績 国名ユニフォームメーカー
グループE 1位 italyイタリアpumaプーマ
グループH 2位 ukraineウクライナlottoロット

予選成績 国名ユニフォームメーカー
グループF 1位 brazilブラジルnikeナイキ
グループG 2位 franceフランスadidasアディダス

メーカー別の推移を見てみると次の通りで、adidaを着ているチームのがんばりが目立っている(元々強いチームが多いが…)。
それ以外のチームはというと、Pumaが落ち込む以外は全体の比率では大きな上下がないことから、至って順当な露出をしているのでは?
adidasにとっては、次の試合でドイツとアルゼンチンが対戦するのは、よくもあり悪くもありという印象なのではないでしょうか。

メーカー 予選開始前決勝トーナメント開始前ベスト8
pumaプーマ 12(38%)3(19%) 1(13%)
nikeナイキ 8(25%)5(31%) 2(25%)
adidasアディダス6(19%)4(25%) 3(38%)
umbroアンブロ2(6%)2(13%) 1(13%)
lottoロット2(6%)1(6%) 1(13%)

残り、8試合。
あっと言う間にワールドカップは去って行きそうであり、だからこそ今回はまだ実現していない六本木などのスポーツバーでの観戦に行かねばという焦りも大きい。


いよいよベスト8に WorldCupも大詰め」への1件のフィードバック

  1. アディダスをあなたに捧げます

    素材 : ポリエステル100%      耐久撥水 撥油 吸汗加工 ストレッチ・12/6 (水) アディダスのベストが・やってくれるな、アディダス・春はアディダスで♪・アガシ、ナイキと決別。あらたにアディダスと契約を結ぶ。・[かわら版]ベストジャージスト賞?・

コメントを残す