取材をしていただいたけど、うまく伝わったか不安です…


今日(正確には昨日)、ある新聞から電話取材をしてもらった。
ある件についてぼくの見解が訊きたいとのことで30分ほど話をした。
電話を切った後に冷静に考えてみると「ぼくの本意は正確に伝わったかなぁ」という思いが湧いてきた。
自分で原稿を書くとなると論理の軸を自分で考えてそれに肉付けしていくことができるけれども、取材をしてもらう場合は論理の軸は記者の頭の中にありぼくの意図を正確に理解するも加工するも記者次第。
とかく今日のようなコンディションが悪いときは自分の発言がきちんと伝わったかどうかは心配。
心配しすぎても仕方ないので記事が出るまでのお楽しみということで。
そもそもぼくの意見は採用されないのでしょうか。


コメントを残す