有限会社ボーダーゼロ設立


今日、ようやく会社設立登記申請をクリアした。
九段下の法務局に行って登記申請をクリアした書類でももらえるものかと思っていたら、別にナニをもらうわけでもなかった。
職員の対応も、「あ、法務局からの連絡がなかったのなら登記は完了しているので手続きを行ってください」とあっさりしたものだった。
「会社ができたんだぁ」という実感を抱かないまま、印鑑登録や登記簿申請を。
それにしても印鑑証明書などをもらうだけというのにやけに手数料がかかる。
おまけにこれからの各公共機関(税務署など)への申請で複数必要なもんだからなおさら。
登記謄本は6枚、印鑑証明は2枚獲得しておいた(労働保険へは当面加入しないでよいので、結果的に登記謄本は6枚も必要なかった…)。
法務局で登記謄本などを手に入れてから同じビル内にある労働基準監督署へ。
従業員である妻の勤務形態が労働保険の適用外らしいので、労働保険への加入はしないで済んだ。
妻がぼくの会社でほぼフルタイムで働くか他にあたらなメンバーが加入したときに改めて加入手続きをして欲しいと言われた。
労働保険へ加入しないことと同じく雇用保険にも現状では加入しないでよいこととなった。
労働保険、雇用保険に加入しなくて良いというのは、経営者であるぼくそして従業員としての妻にとってはいいことなんだろうか。
イマイチ、プラスもありマイナスもあるような微妙な感じ。
ちょっと勉強しておかないと。
竹橋から地下鉄に乗って小伝馬町にある日本橋の税務署へ。
法人設立届出書などをもらう。
税務署に事業の開始を届けるに際し、設立時のBSが求められるとのこと。
ぼくにとって「設立時のBS」というのがイマイチイメージできなかった。
なんで資産の欄に現・預金300万円、資本の欄に資本金300万円だけしか書くことないのにわざわざ求めるんだ?と。
でも、回答ではぼくの想像通りのものでいいので提出して欲しいのだと。
小伝馬町から日本橋の社会保険事務所まで歩く。
1社目の本社の近くを通った。
アポをとってもなかったのでまたの機会に訪問しよう。
社会保険事務所で記載書類をもらう。
親切なことにそれぞれ2枚ずつもらった。
間違っても安心なように。
間違いやすそうな顔をしていたからなんだろうか…。
社会保険関連の書類の提出は少々厄介。
なんでも社会保険の担当者のアポをとってからでないと提出を受け付けてくれないのだとか。
早く書類を埋めてアポをとらないと!
社会保険事務所での用事を終えて、近くのますたにらーめんで久々に食べた。
正直なところイマイチ。
どうせなら近くのじゃんがららーめんにしとけばよかった。
ぼくの味覚の問題でもあるので仕方ない。
帰宅してのんびりしてると、母が家にやってきた。
お祝をもってきた。
赤飯と鯛、お肉。
嬉しいことに父からは祝い金まで。
嬉しいねぇ。
反面、背負うものの大きさを実感。
明日から本格的に「攻め」に出る。
がんばろう。
http://www.borderzero.com


masayafukumoto