押してダメなら引いてみろ 航空券チケット入手にあたって


ビジネスを行うにあたって、世界で現実に起こっている動きをこの目で見て感じたいと思い、目下視察先の研究をしている。
研究なんてキリのないもので、新たな発見をするたびに「もっとこれについて知っておかないと」と思いどんどん出発が遅くなってしまう。
研究と併せて頭を痛めていることがある。
それは世界を旅するために必要な航空運賃をいかにセーブするかということ。
StarAllienceの世界一周券が約50万円で販売されており、世界を周ることを考えると決して高くはない値段ではあるものの、一方でStarAllienceの就航していない地域へ足を運ぶには別途航空券を購入しないといけないという不便な面もある。
インド国内や南米大陸での移動は少々不便のようだ。
そこで、独自に海外の格安航空券サイトを彷徨って極力安いプランが組めないものかと検討してみた。
結果は、StarAllieneを利用するよりも多少安くなる程度。
帰国後の生活を考えると、少しでも安く済ませたいのが本音。
行き先を削るなど、ルート変更も頭をよぎった。
いろいろと頭を悩ませていると、あることに気づいた。
今までは西回りのルートばかりを検討していたけれども、東回りだったらどうだろうか。
航空券というのはシーズン、さらに言うと各地域の需要によって価格が大幅に変わるという特徴を大いに活かすのだ。
今まではクリスマスシーズンにアメリカ辺りを飛ぶことを計画していたため航空運賃は割高だったけれども、クリスマスシーズンにアジアを飛ぶというのはそれほど運賃へのインパクトが大きいわけではない。
コンサルタントであるものが、「多面的な視点を持つという鉄則を忘れているじゃないか!」とお叱りを受けそうだ。
ちなみに、東回りに切り替えたことで、10万円ほどのセーブが実現。
さらなる安さを追求してもう少しサイトを検討してみよう。


masayafukumoto