未だに視察の日程を検討中です…


昨日、友人と飲みに行って帰宅し、テレビを観ながらウトウトしてたら妻に「ウトウトするんだったらふとんに行きなさいよ」と言われたところでようやく眼が覚めて、起きていたら結局夜が明けてしまった。
夜を徹して何をしていたかというと、今週の金曜日からでかける世界視察旅行のスケジューリング。
今月上旬に会社を設立したものの現時点では本格的な営業は行わず、退職前の計画通り年内は世界を旅することにしている。
旅をしようと計画した理由として主に以下のようなものが挙げられる。
1.現実に世界で起こっていることを自分の目で確認したい。
2.仕事のネタを見つけたい。
3.本格的に事業を開始したら、まとまった休暇をとることは難しい。
4.旅好きな妻を忙しくない今のうちに連れて行ってあげたい。
5.自分自身旅が好き。
いくらかっこいいことを言ったとしても、結局は「5.自分自身旅が好き」が最大の理由という事実は隠せない。
学生時代、サラリーマン時代を通じて世界をいろいろ旅してきたけど、未だに飽きていないし、そもそもまだ足を運んでいないところはたくさん残されている。
見知らぬ土地に足を運び、新たな刺激を自分の五感に取り入れたときに感じる神経の高ぶりは何ものにも替えられない心地よさがある。
訪れる予定の国々は以下のとおり。
アメリカ
アルゼンチン
ボリビア
ブラジル
スペイン
イギリス
ドイツ
ポーランド
チェコ
ポーランド
ハンガリー
オーストリア
UAE
インド
シンガポール
今回の旅はあくまでもビジネスの一環として行くけれども、根っからのバックパッカーであるぼくはもちろんバックパックを背負い、夜行バスを使って移動だってする。
今朝方までは、ボリビア→ブラジル間の国境の越え方について少々頭を悩ませた。
調査によると交通事情があやふやで、長時間列車に揺られることとなりそうだ。
妻が同行するということもあり、むちゃできないという気持ちが働いている。
ぼく一人で旅するのであれば、体力が続く限り列車やバスに揺られることもできるし、ボリビアでかかるであろう高山病だってある程度の予測はつく。
2国間の国境を陸路で越えることが難しいようであれば空路を使うしか方法はないのだが、いかんせん運賃が南米の物価で考えると高い(ラパス→サンパウロ間で約4万円)。
体力を消耗して旅をリタイヤすることになったら元も子もない。
企業訪問もしたいのだけれども、未だにはっきりとしたスケジュールが決まらないものだからアポ取りがまだほとんど進んでいない。
妻が起きてきたらスケジュールを確認し、早速海外へのアポ取りを行おう。
ぼくが訪問を予定している国にお住まいの方、ぜひいろいろと情報交換させていただけませんか?
もしも可能であれば
masa_yeah@borderzero.com までご連絡いただけると幸いです。
訪問のスケジュールがおおよそ決定したら、追って当blogで発表予定。
乞うご期待。
※旅先からのホットな情報も随時当blogで更新計画中。


コメントを残す