「大阪オリックス」ってどうなの?否はあるが賛はありません


オリックス・バファローズが本拠地を大阪ドームに一本化するらしく、それに伴い大阪オリックスになるとかならないとか。
いろいろなblogを見ていると、どうも好意的な意見というのはあまり見られない。
「財政負担の軽減」、「大阪に球団を」という行政の意図は十分わかるけど、残念ながらファンの気持ちはついてきていない。
近鉄の問題を未だに引きずっているファンもいるのだから無理はない。
一方でオリックス・「ブルーウェーブ」ファンの心情も複雑のようで。
阪神大震災のとき、イチローをはじめとした選手は「ガンバロー神戸」を合言葉に神戸の人々を励ました。
でも、今回の動きから神戸から球団がなくなる可能性が非常に大きいと判断せざるを得ず、「ブルーウェーブ」ファンとしても複雑な心情だ。
ぼくは大阪出身なのだけど、子供のころは南海ホークスや近鉄バファローズファンではなく、阪急ブレーブスが好きだった(随分、古い!)。
ブーマーがホームランをかっ飛ばしたり、山田久志がアンダースローで打者を切り切り舞にするとか。
阪急の血を継いだオリックス・ブルーウェーブがオリックス・バファローズになり、さらに大阪オリックスに。
大阪に住まないようになったというのもあるけど、ぼくの阪急・オリックス
に対する関心は次第に薄れてきている。
チームカラーがどんどん変わっていくチームへの愛着は薄れ、チームを応援しようという気持ちはぼくにはない。
「大阪オリックス」というチーム名、「大阪」という地名を入れたいという自治体と「オリックス」という企業名を入れたいオーナー企業の意向しか反映されてない。
口の悪い言い方をさせてもらうなら、社会人野球のチーム名みたいだ。
#4/28 7:30追記 チーム名は「大阪オリックス・バファローズ」となる模様。


コメントを残す