ディズニーブランドの希薄化がまさに起こりつつある


香港に開園して見事にこけているDisney Landが今度はマレーシアに進出しようかという計画が挙がっている(Business Weekの記事)。
しかも運営するのが、日本のDisney Landをコントロールしているオリエンタルランド
こんなに世界でDisney Landがボコボコできたのでは、足を運ぶ価値というものが下落するし、それがためにDisneyに対するブランド価値が希薄化してしまう気がしてならない。
「どこかスペシャル」という気持ちを掻き立てるためには、量よりも質で攻めないと。
入場料を値上げしたりと、どこかちぐはぐに感じてしまうのはぼくだけなんだろうか。
ちなみに、マレーシアに計画しているDisney Landは当然ながらシンガポールに建設されるカジノと競合関係に位置する。


One Reply to “ディズニーブランドの希薄化がまさに起こりつつある”

  1. ディズニー・テーマパークの建設でマレーシアと交渉中

    「ディズニー・テーマパークの建設でマレーシアと交渉中」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =20…

コメントを残す