「緊張感がない」という言葉が誤って使われすぎていることについて


最近テレビを観ていて非常に気になるのは、「緊張感がない」という言葉が誤って使用されすぎているということ。
たとえば、ワールドカップ日本代表チームの取材に行ったリポーターが「今日の選手たちは、緊張感なくシュート練習に励みました」と言ったら、ぼくはすごく違和感を持ってしまう。
リポーターが言いたいのは「今日の選手たちは、緊張せず(=力まず)シュート練習に励みました」だろう。
「緊張感なく」とは、どちらかというと「だらけて」とかの代替で使われるイメージであり、少なくとも「リラックスして」という意味ではないはず。
言葉は時代に流れに応じて変化するとは言うものの、「弱冠」といいメディアが発する時として誤った言葉の使い方には最近いたく気になってしまうのは、資料作成などを生業とするぼくだけなんだろうか。


コメントを残す