ジーコには色々と言いたいもののやはり応援してしまう自分がいる


どちらかというと、ジーコのこれまで4年間の活動を高く評価できないぼくだけど、相変わらず応援してしまう。
難しいとは十分承知しながらも、ブラジルを撃破して決勝トーナメントに進んで欲しいなぁとまで夢を抱いてしまう自分はどうなってるんだろう…。
なぜここまで応援してしまうんだろうと振り返ってみたところ、こんな理由が浮かんできた。
今の代表選手のほとんどがぼくと同じ世代だということ。
同級生が世界を相手に戦っているなら応援しないわけにはいかないじゃないですか。
ぼくにとって、今回のワールドカップは1つの区切りになるんじゃないか?と思いながらも、次回のワールドカップも今回と同じくらい応援していたり。
とにかく、メンバーのみんなにはがんばって欲しい。
死ぬ気でがんばれ!


コメントを残す