ナカタ引退を受けて、初めてナカタ関連本を読む 『中田英寿 鼓動』を読んだ


中田が初めてペルージャに移籍するまでのストーリーを綴った『中田英寿 鼓動』を読んだ。
サッカー好きなぼくだけれども、意外?にもナカタ関連本を読むのは初めて。
エセサッカーファンと言われても仕方ない?
日本が初めて出場したワールドカップ、そしてペルージャへの移籍。
ぼくがのんびりと大学生活を送っている間、彼はこれほどまでに多くの経験を積んでいたのかと、いまさらながら感心させられた。
今回、ナカタは惜しまれつつも引退を決意した。
サッカーを観続けてきた人には、ナカタの引退はある程度予想がついていたのでは?
かく言うぼくも、こういっちゃナニだけど、ナカタは引退するかも?という予感はしていた。
そして、その決断を後押ししたのが、今回読んだ本の中でも書かれている彼の姿勢である

「自分は、職業としてのサッカーを選んだ。それで観衆を魅了できなければ、プロとは言えない」。

10年ほども、自らの軸がぶれていないし、まさしくプロフェッショナルといえる姿勢なんじゃないだろうか。
引退発表を受けて、この本を読んでみると移籍の部分などで「ああ、そうなんだ」と思わされる節がいくつもある。
プレイヤーとして最も輝いていた頃の彼が、輝きの裏でどれだけ悩んでいたのかを知るには格好の著作で、日ごろ色々なプレッシャーで悩んでいる人が読めばいかに自分の悩みが小さいかを痛感させられる作品なのではないだろうか。
中田英寿 鼓動


コメントを残す