シンガポールで2番目のカジノ事業者が決定


シンガポールで2番目のカジノ事業者が決まった。
お隣マレーシアでカジノを手がけるGenting Groupを中心としたコンソーシアム。
今回の入札で注目するのは、Las Vegasの大御所が入札に参加していないこと。
1番目のカジノ事業者にLas Vegas Sandsが決まり同じLas Vegasからの進出は共食いの可能性があると判断したのかどうかは現時点ではわからないが、こぞって入札に参加しなかったというのは興味深い点。
Genting Groupは、Universal Studioも併設することを提案している。
マレーシアのJohor Baru近辺にDisneyが進出するか?という噂が流れていることを踏まえると、シンガポール海峡を挟んでアメリカの2大テーマパークがガチンコ勝負をする可能性もなきにしもあらずか。
当案件について、弊社でレポートとして発表するかは目下検討中ですが(#12/13 諸般の事情によりレポートはリリースしません)、1番目のLas Vegas Sandsの案件についての情報が知りたい人はぜひ弊社のレポートを。
カジノ誘致は堅物国家シンガポールの起爆剤となるか ―Las Vegas Sands がシンガポールのカジノ案件を落札―


コメントを残す