業界3位のサッポロビールにとっては見つめなおす格好の機会


サッポロビールサッポロホールディングス)がスティールパートナーズに買収を持ちかけられ、それに対し一度は袂を分かったアサヒビールが経営統合を提案している。
ビール業界の再編か?と注目を集めているけど、ぼく個人としては「ビール業界」というくくりでとらえるよりももう少し広い枠で考えたほうがいいんじゃないかな?とも思わずにはいられない。
たとえばセブン・イレブン・ジャパンイトーヨーカドーを要するセブン&アイ・ホールディングスの傘下に入るのもまんざら悪くない選択のような気も。
ただ、件のセブン&アイ・ホールディングスの傘下に入ったとしても、おそらく不動産などは切り売りされるのは間違いないでしょうが(ダイエーとイトーヨーカドーの大きな違いは不動産を持つか否かという点!)、本業のビール事業を中心とした飲料では確実なチャネル確保ができることだし、まんざら悪くないのでは。
業界3位のサッポロホールディングスにとっては、同じビール業界内でくっついて主導権を取られたりトップの背に届かない状況にとどまるよりも、もう少し広い視野で今後の戦略を見つめ直すよい機会なのかもしれませんね。
ilmil いるみる」でサッポロの見学に行こう!
サッポロビール 北海道工場
サッポロビール 仙台工場
サッポロビール 千葉工場
サッポロビール 静岡工場
サッポロビール 北九州工場
サッポロビール 博物館
恵比寿麦酒記念館


コメントを残す