駅前での自転車走行に一定のルールを


自宅最寄り駅周辺には多くの自転車が放置されていて、夕方にもなると歩道は非常に狭い状態に。
そんな歩道なものだから買い物袋を両手に持って歩くだけで幅は満たされ、人がすれ違うのもちょっとした気遣いが必要になるほど。
なのに、こうした歩道に自転車にまたがって侵入してくる人たちがすごく多い。
せめて、自転車から降りて押すのがマナーだとは思うけど、自転車に乗っている本人はリンリンとベルを鳴らす有様。
自転車は環境対策を考えるとすごく理想的な乗り物だけど、免許取得の義務や講習がないことなどから自転車に乗る上でのマナー・ルールはずいぶんとおざなりにされている乗り物でもある。
せめて駅前の歩道は自転車走行を一切禁止する(=自転車をこぐ場合は車道、歩道の場合は押す)といったルールをきっちり定めるべきだと思う。
ワイドショーでもさんざん暴走自転車が取り上げられているんだから、もっと真剣にこの問題に取り組みかつ環境問題での自転車の素晴らしさを啓蒙するとずいぶんと暮らしやすい社会になるはず。


コメントを残す