質問をするのは自由ですがきちんとした前提情報がないと的確な返事は戻ってきませんよ


昨日、まったく見識のない人から問い合わせがあった。
今年ある大学に留学に行くのだけれど、どういったテーマが面白そうか?と(ちょっと端折ってる…)。
はっきり言いましょう。
ぼくには答えられません。
理由は、ぼくはその大学に通ったことないから。
たとえぼくがその分野に知識があったとしてもどのような勉強をしたらいいかを大学のOBでもないぼくが知っているわけない。
というか、そもそもどうしてその大学を留学先に決めたの?と逆質問をしたいくらいだ。
学校を選ぶ時点で勉強したいテーマがある程度決まっているもんじゃないの?
こういう勉強がしたい、○○先生に教えてもらいたいという動機があるんじゃないの?
それを赤の他人のぼくにいきなりメールで問い合わせてきても、彼がどんなキャラクターの人で、どんなバックグラウンドがあって、これからのキャリアをどのようにとらえているのかという情報が全くないぼくがどのように答えればいいんだろうか?
質問をする前に、自分が同じ質問をされて果たして回答できるのか?をきちんと考えるべきだと思う。
これはビジネスを円滑に行っていくうえで”MUST”。
そして、匿名性の高いネットという社会で相手との接点がないことを理由に安易に質問するのはやめるべきだろう。
こちらは質問する人以上に困ってしまった(気遣って棘のない回答をしたつもり)。
あと、ぼくの回答が不満だったのかはわからないけど一応返事をしたわけだから、それに対して反応を返すのが礼儀だと思うんだが…。
わざわざ電話で問い合わせてきたらしいわけだし(ぼくは不在でしたが)。
最近、「けじめ」というか「礼儀」というかそういう古き良い感覚を忘れた人、多くないですか?
質問してきた人、せっかくのチャンスなので充実した留学ライフを送ってください。


コメントを残す