伊藤園のフレッシュフルーツジュース


伊藤園」と聞いて多くの人がイメージするのが「お茶」であり、中でも「緑茶」(「お茶」でも「ウーロン茶」や「紅茶」ではない)。
そうしたイメージを消費者に与えている伊藤園が、フルーツジュースを発売しているのを近所のスーパーで発見しつい手に取ってみた(安かったので)。
飲み終わった後のボトル
伊藤園
味は悪くはないけど、取り立てて強い個性があるわけでもない。
なので、「お茶」のイメージが強い伊藤園が出しても、どうもインパクトがない(だから、安売りされてた?)。
同社HPをチェックしてみると、同商品は紹介されていないのでもしかしたらテストとして販売されていたのかもしれない。
テストだとするなら、きちんと定価で販売するべきだし(定価158円を108円で販売)、安売りコーナーに並べるべきでもない(テストにならないので)。
同商品の位置づけがどうなのかはわからないのでいかんとも言いがたいけど、もしもこれから積極的に売り出していくのなら、もうすこし検討の余地がありそうな・・・。
せっかく買収したタリーズのブランドを利用したほうが伊藤園を利用するよりも消費者の違和感がないし、「お茶」のブランドを侵食せずに済みそうな印象…。
あくまでも印象ですが。
「伊藤園」のフルーツジュース、個人的にはどこか違和感を感じずにはいられない。


コメントを残す