生のサッカー観戦に行こう!と思いましたが


今週末、Jリーグの試合を観に行こうかなとも思っているけれども、未だに行くか行かないかは決めかねている。
理由はチケット価格に納得いかないから。
最近のJリーグではタダ券をばら撒いて観客動員数を増やしているという情報を頻繁に耳にする。
タダで入場する人がいるというのに、わざわざ3,000円程度払って観に行くのはどうも…。
ブラリと観に行くぼくには高いなぁと感じてしまう。
「ブラリ」でなく「ガチ」で観に行くサポーターには高くないだろうけど。
そもそも「ブラリ」の人を「ガチ」にさせる仕掛け(ゲームの質とか)が用意されていれば納得してお金を出すことができるのに、いまいち「プロスポーツ」としての取り組みが少々欠けている気がしないでもない。
プロ野球でもタダ券を新聞の勧誘のお礼という形でもらえる時代もあった。
でも、それは野球というプロスポーツの価値が高く、景品としての価値も高かった時代の話。
だから、もらえなくて正規料金でチケットを買ったところであまり悔しい思いはしなかった。
でも、今のJリーグはチケットの価値は決して高くなく(同じ金額を出すのならCD2枚買うかも…)、ましてや景品として喜ばれるものでもない。
一度、タダ券を発行してしまうと、数字上は観客動員数の増加を示すだろうけど、クラブの経営面では「?」といわざるを得ないわけで、短期的な見せ掛けの数字作りは禁物だというのは素人でもわかるだろうに。
ほかにもサッカー観戦をとどまらせる理由はあるものの、目下最大の理由はタダ券が出回っているという点なので、ここをどのように納得して観に行くかが課題でしょうか。
試合は土曜日。
もう少し、悩むとします(優柔不断め!)。


コメントを残す