お気の毒な2歩前に進んだ商品たち


iPhoneがアメリカで発売された。
発売前から長い列ができるなど、Apple製品の人気の高さをまじまじと見せ付けられたイベントだけど、冷静に考えてみてiPhoneってどこがどうすごいんだ?と感じずにはいられない。
iPodと携帯電話が融合というけれども、5年くらい前に発売されたSony Ericcsonの携帯電話でもmp3が聴けたし、ボタンがなくてタッチパネル式だと言われると日本では確か10年ほど前にSharpからタッチパネル式の携帯電話が発売されていたような…。
そして、Sony Ericcsonの携帯電話もSharpの携帯電話も当時は注目を集めたものの、すぐに注目度はしぼんでしまったと覚えている。
一方のiPhone。
Sony EriccsonやSharpの携帯の前例があるだけに、今さら目新しい技術というのは特に見当たらない。
こう考えるとAppleは時代の波に合わせて商品を出すのがうまいなぁと評価せざるを得ない。
Sony EriccsonやSharpのように時代の2歩も先に進んだ商品は斬新だったかもしれないけど、決して商売としてはうまくいったとは言えないわけで消費者のニーズを確実に拾い上げて的確なタイミングで商品を発表することの大切さを改めて認識させられた。


コメントを残す