読売新聞にて少しだけ見解を紹介いただく