東京へのオリンピック招致に是か非か


掲題について、極めてロジカルでなくむしろ感情だけでジャッジするなら「非」。
オリンピックという大会そのものに関心がないし、オリンピックに伴う税などの弊害が予想されるから(個人的には同じ額を福祉や少子化対策に使って欲しい)。
で、どうしてこんなことを急に書くかというと、Forbes.comに”Let the ‘Games’ Begin”というタイトルの記事が掲載されていて、2016年のオリンピック開催候補地4箇所の収支計画(超概算)が紹介されていたから。
記事の最後に示される図から、Madridの支出が他の3箇所と比べて少ない、Chicagoの収入見積もりが極めて大きいというか楽観的というのが特徴が挙げられる。
それにしても、Chicagoはスポンサー収入へ過度の期待をしているような・・・。
個人的にはオリンピックは途上国が経済先進国の仲間入りする課程の段階で開催するのが望ましいと感覚的に考えているので、そうするとRio de Janeiroが開催地として最適というところか。
日本だってかつて経済発展の途上で開催させてもらったんだから、他に譲ってもいいのでは?と思うのはオリンピックに冷めすぎなのでしょうか?
そして、都民としてふさわしくないでしょうか?
万博も、オリンピックもそしてワールドカップも日本で開催しなくてもいいと思うし、むしろ日本が主導で開催できる新たなイベントを企画・運営するほうが面白そう。


masayafukumoto