脳死になった、さてどうする


健康保険証の更新時期らしく、新しいものが届いた。
裏面を見るとこんな感じ。

見えにくいかも知れないけれど、脳死状態に陥ったときの臓器提供意思を表示する項目が(以前の証明書にはなかった)。
ときどき臓器提供について考えることはあれど、今回のように普段から持ち歩くカードに意思表示できるようになると、改めて考えてみないとという気にも。
ただ、臓器提供については家族の同意も必要なのかもしれないので(本人がよくても家族が反対なら、移植するときに揉めそう)、この点については話し合いをしておかねば。
テレビとかで臓器提供を受けた人は提供した人の記憶も受け継ぐことがあると見聞きしたことがあるけど、提供した臓器を通じて提供先の世界を感じられるのでしょうか。
だったら提供するかというわけでないけど、もし提供することで復活(?)できるのであれば臓器提供という行為に多少なりともインセンティブは働くのかも。


masayafukumoto