グーグルが日本でヤフーを追い抜けないワケ


検索エンジンの世界的シェアでは優位に立つグーグルだけど、日本ではヤフーにトップの地位を占められ差も開かれる一方。
ポータル・検索サイトのシェア出所:日経産業新聞『日経市場占有率』
グーグルからアンケート調査への協力があり、回答する中でグーグルがヤフーを日本で追い抜けない要因の1つが見出せたような。
それは、グーグルはデザインなり使い勝手が極めてシンプルに削ぎ落とされると同時に、Q&A画面などが本国版を翻訳しただけのもので時としてわかりにくい日本語で表記されたりと、インターネットに使い慣れている人以外にはまだまだやさしいサービスが提供できていないからか。
英語圏であれば、本国のものをそっくりそのままもってきてもフラストレーションが堪らないもののそれ以外の言語の国となるとそうではないような。
韓国や中国でも日本同様にグーグルのシェアが高くないのはそういった理由があるんじゃないか?と思いながらアンケートに回答してたら最後の最後にぼくの考えをさらに確信足らしめる出来事が。
住所入力画面。
[住所]⇒[郵便番号]⇒[都道府県]⇒[市区町村]
日本のユーザーを考えたら、上記のような順番にはならないはず。


masayafukumoto