Jリーグ各チームのチケット売上状況


先日行こうか行くまいか迷ったJリーグの試合。
色々迷った結果、結局は足を運ばなかった。
このところタダ券が出回っているという話が多いJリーグ。
果たして実際はどうなのかをJリーグの公表資料から調べてみた。
ちなみに、チームの経営状態を示すデータの最新版が2005年のものなので、当時のJ1のチ
ーム(セレッソ大阪など)も対象に。
J-league
Jリーグの試合のチケット単価(一番安い自由席)が大人の自由席で2500円、子供で1500円くらいとすると(人気チーム浦和レッズはこれらよりも安い)、多くのチームでは何らかのチケットがタダとは言えなくとも安い値段で出回っていることがなんとなく理解できる。
バックスタンド席のチケット代を加味するなら、グラフに示されている値段は随分と安い!といいたくなってしまう。
大分に限っては1人あたりチケット収入が900円くらいしかあげられていない。
子供単価よりも安い!
次の図は、年間観客動員数と1人あたりチケット単価をプロットしたもの。
J-league
浦和の成功がこの図から容易に見えてくる。
さすが。
新潟は観客動員数が多いものの、タダ券を配って観客動員数を増やすという取り組みを強化したためにチケット単価は残念ながら高くはない。
図から、どのチームがどの方向(観客動員↑ or チケット単価↑)を目指すべきかが感覚的にわかると思う。
興行の基本収入と言えるチケット売上。
そろそろマジで取り組んでもよいのでは。


masayafukumoto