11月の読書記録


11月に業務目的以外で読んだ本を紹介。
遅読を自認する者の割には今月は比較的多く読んだかも。
では、どうぞ。

クラッシュ・マーケティング
ジェイ・エイブラハム 実業之日本社 売り上げランキング: 77

発売前は色々と煽られてはいたものの、Jエイブラハムが唱える理論に従来との進化があまり見られず、これまで著者の本を読んだことがあったり関連セミナーに行ったことのある人にはあまり価値がないような印象を持った。
ただ一方で、著者の作品に初めて触れる人は手元に置いておくと良いでしょう。
とは言っても、マーケティングのグルとして絶大な地位を築いている著者から少しでもエッセンスを得たいので再読してみるつもり。
評価:☆☆☆☆☆

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
クリス・アンダーソン 日本放送出版協会 売り上げランキング: 5

英語版に遅れること数ヶ月、いつにも増して言語の壁を認識させられて発売まで首を長くして待たされた作品。
「無料」提供を通じていかにマネタイズしていくかについて、過去から最近までの事例を取り上げて述べる力作。
自分のビジネスでどの部分を「無料」にして顧客との関係構築していくと現在よりもさらにビジネスが拡大していくのか考えながら読むことがオススメ。
弊社ではレポートを無料として公開しており、その他にどのような仕掛けに可能性があるかを引き続き検討しているところ。
ただ、闇雲に「無料」にすればいいというわけではなく、バランスをとることを見失わないようにしたいところ。
評価:☆☆☆☆

ヘヴン
ヘヴン

posted with amazlet at 09.12.02
川上 未映子 講談社 売り上げランキング: 3552

乳と卵』で芥川賞を受賞した川上未映子の新作。
いじめられっ子2人の触れ合いを通じて彼らをいじめる子達に立ち向かうまでの模様を描いた作品で、いじめの描写にはうんざりする人がいるかもしれないものの、それほどまでの描写なくしてラストは描けないだろうとの理解もできる。
「情熱大陸」で取り上げられたとき、ちょうど本作を執筆中だったようで、興味のある人は映像もどうぞ。

評価:☆☆☆☆☆

終の住処
終の住処

posted with amazlet at 09.12.02
磯崎 憲一郎 新潮社 売り上げランキング: 4078

今年の芥川賞受賞作品であり、著者が物産に勤めていることでも注目された作品。
内容はというと物産に勤めている人らしさが見られる上に女性からはあまり評価を得られないようなもので、事実芥川賞審査委員の間でも賛否両論だった。
評価や受賞のコメントについては『文藝春秋 2009年 09月号 [雑誌]』に掲載されているので併せて読んでみるとなおよろしいかと。
ただ、主人公の人生に色々な出来事が起こる年代がちょうど今のぼくと重なることからなんとも言えない読後感を覚えたことは事実で、30代以上の男性にとってはなんらかの形で心にひっかかるところがありそうな印象を持った。
評価:☆☆☆☆

学問のすすめ (まんがで読破)
福沢 諭吉 イーストプレス 売り上げランキング: 30921

福沢諭吉がどのような人か知らず、若き血も歌えない上に野球の早慶戦に行ったことがないという「本当に慶應卒業したの?」と言われそうな慶應卒業生ですが、このマンガを読んで多少なりとも福沢諭吉(おっと、福沢先生?)がわかったような。
マンガでさらっと読めたのが何よりもポイント高し。
このところ文学作品をマンガ化するなど、マンガの新たな進化が見られ、この方向性は上っ面だけでも理解したい人には大変助かる流れ。
評価:☆☆☆☆☆

旅する力―深夜特急ノート
沢木 耕太郎 新潮社 売り上げランキング: 18102

深夜特急』の番外編で、著者の沢木耕太郎が旅に興味を持ったきっかけなどが綴られている。
『深夜特急』を発表してから随分と時間が経った今になってなぜ発表するのか?という疑問もあり、内容についてはあまり面白くなかった。
『深夜特急』では、旅が後半になるに連れて作品の質(旅の質)が低下していく様子が伝わってき、そのテンションの低さが脳裏に残っていることがこの作品を見る目を厳しくしたのかも。
同じようなタイプの作品なら、『エグザイルス(放浪者たち)―すべての旅は自分へとつながっている (講談社プラスアルファ文庫)』のほうがオススメ。
評価:☆☆☆☆

水の世界地図
水の世界地図

posted with amazlet at 09.12.02
ロビン クラーク ジャネット キング 丸善 売り上げランキング: 13203

これからは水の時代だと常々思っていて、つい手にとったモノ。
世界地図上で、水を巡る紛争や水の豊かさや使用量などがひと目でわかるスグレた資料。
マズローの欲求段階説でいうところの「生理的欲求」をめぐる紛争がいずれ繰り広げられるのではと再認識。
評価:☆☆☆☆☆
結構読んだ気分だったけど、きちんと読んだのはたった6冊だけだった・・・。
仕事関連の本がそれなりに多かったということで。
今後も定期的に読んだ本を紹介していく予定なのでお楽しみに。


出不精なあなたにオススメの1冊


普段、ほとんど外へ飲みに行かないぼくだけど、『東京★千円で酔える店 金はなくとも毎日飲みたい!
』を手に入れてちょっと変わりそうな予感。
東京で安く飲める店が見開きで紹介されている本で、メニューの一部が載ってる上に、読み物としてもそこそこ面白い。
お店の所在地に多少の偏り(そもそも安く呑める店が都内に満遍なくあるわけじゃないから仕方ない)が見られるものの、適度に散らばっていてどれか1つにはすぐに足を運べるでしょう。
サイズは小さいので、営業マンがポケットマップをカバンの中に入れておくのと同じような感覚でつねに持ち歩くもヨシ。
お目当ての店目指して歩いているときに迷っても、カバンから取り出してすぐに地図を確認するにもヨシ。
チェーンの居酒屋ばかりでなく、個性的なお店も面白いのでぜひ1冊ゲットして足を運んでみてはいかが(チェーンで安く飲むのが好きな取引先との会合ではこの本で見つけたお店に行こうと思う)?
1週間前にこの本を買ったぼくは、既に2箇所に突撃。
さて、次のお目当てはどこにしようか。
もしかしたらどこかのお店で相席して飲んでるかもしれませんね。
では、お店で会いましょう。


Is GREED still being GOOD?


映画「ウォール街」で、マイケル・ダグラス演じるゴードン・ゲッコーが投資先の株主総会で行う演説での1フレーズが”Greed is good(欲は善なり)”。  

そんなフレーズも、昨今のサブプライムローンの影響もあって過去のものと葬られ、欲を追求し資本主義という舞台でスポットライトを浴び続けた一部のGreedy(欲深い)な金融マンは舞台の袖に追いやられてしまった(もしくは、舞台から足を踏み外して奈落に落ちてしまった)。
前置きはこんなところで本題。 
ウォール街で働く著者が過去20年ほどの自身の経験を元に、ウォール街の歴史の変遷(投資銀行の歴史など)や”Greed is good”を体現する金融マンの姿、サブプライムローンに陥った背景などを描いた作品。 
新書という限られた分量の中で客観的な情報と自身の経験が程よくミックスされながらも、決して物足りなさを感じさせない充実した内容。 
サブプライムローン関連の書籍をぼくが読んだのはこの本が初めてなため他とは比較ができないけど、実際の現場に立っている人の視点から書かれたこの作品はどんな評論家が書くものよりも説得力に富むものだと思うし、それがためにオススメできる。 
個人的には、6章までが資料的価値を持つものとすれば、7章・あとがきこそが著者のもっとも伝えたいメッセージ部分であり、この部分を読んで各人が考えてみるのが本書の正しい読み方なんじゃないかとの印象を持った。
この部分だけでも立ち読みしてみるべし。
本書を読んで、タイトルに挙げているように”Is GREED still being GOOD?“なのかどうか問うてみてはどうでしょうか。
個人的には”GREED is GOOD but keep your FAITH!”ってのが解でしょうか。
    

欧米人が奴隷になった歴史があるとは知らなんだ 『奴隷になったイギリス人の物語』


近所の書店で並んでいるのを見て気になってから約2年経ち、ようやく手にとって読んだ作品。
奴隷になったイギリス人の物語』。
もっと早くこの作品に出会ってるべきだった。
この作品は、大西洋沖で頻繁に現れていた海賊に、イギリスを始めとした欧米諸国の船乗りや漁師たちが誘拐されて遠い北アフリカのモロッコなどの国々に売り飛ばされて奴隷にされた人々について記述した作品。
ところで、そもそもぼくは欧米人がモロッコなどのイスラム諸国で奴隷として働かされていたという歴史を知らなかった。
奴隷といえば、せいぜいアメリカでの事例くらいしか知らなかったので、この本のタイトルを見ただけで大いに興味がそそられたし、タイトルだけだとわずかな数の人しか奴隷になっていなかった印象を受けていた。
けれども、本書の中で書かれているように、欧米から誘拐された奴隷は100万人以上にものぼり彼らはスルタン(王)が住む宮殿の建築や反乱分子や盗賊の成敗で大きな役割を果たし、当時の社会の発展を底辺で支えていた。
一方で、スルタンをはじめとしたムーア人(イスラム人)からは意のままにならないとすぐに処刑されたり、無理やり改宗させられる(キリスト教のままだとすぐに処刑など)などおよそ人間とはかけ離れた扱いを受けるという過酷な環境に置かれていた。
こうした環境の中でうまく立ち回りスルタンの側に仕えて、最終的には脱出に成功して故郷イギリスに戻る男の話は実に読み応えがあり、普段は斜め読みをすることが多いぼくも本作はじっくりと一文字一文字追いかけたために読了までに随分と時間がかかってしまった。
もちろん、奴隷の置かれた状況に対し、欧米は目をつぶっていたわけではなく、イギリスからは外交使節団が何度もモロッコを訪れ奴隷解放を求めて交渉するものの、スルタンの巧妙な手口の前に成果を上げることができず、この辺りは北朝鮮の拉致問題を解決すべく奮闘する日本の外交筋にも似たところがあるなという印象を持った。
人類の間に脈々と流れる「宗教」という対立軸は、長い歴史の間で悲劇しか生み出さず、この先も宗教は対立のみしか生み出さないのではという悲観的な気持ちになってしまった。
母の実家は寺で仏教に近い身のぼくだけど、どちらかというと宗教に対しては否定的なスタンスをとっていて、この作品を読んでさらに宗教ってなに?という気持ちがさらに強くなった。
宗教というものは、言葉では「愛」を唱えていても、実際に生み出しているのは「憎」なのでは?
北朝鮮による拉致問題、移民問題などさまざまな課題に直面している日本で、どうして本作がもっと注目されないのだろうという気持ちが湧くと同時に、本作を日本で紹介しようと思った訳者をはじめとした人々は賞賛に値すると思う。
多くの人に読んでみてもらいたい作品。


経営者、ハンドル越しに東京の今を綴る 『タクシー王子、東京を往く』


タクシー王子、東京を往く。―日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」』を読んだ。
社長自らハンドルを握って日頃の運転手の立場に立つという点で、「立派な社長だ!」といった評価されるなどビジネス書として人気を博しそうな本作。
ただ、ぼくはビジネス書というよりむしろ、現代の東京という大都会を社長自らハンドルを握ることで気付いた様々な喜びや問題点を提示した作品と捉えて読むのも面白い読み方なのでは?と思った。
たとえば、東京の人は礼儀正しいとか、外国人が増えてきているとか、東京の玄関口である成田があまりにも遠すぎるなど、東京に住む人には当たり前のことではあっても、タクシーの乗務経験から見たこれら気付きは幾分新鮮にも感じられた。
正直、ぼくはほとんどと言ってよいほどタクシーを利用しない。
タクシーを利用するほど急ぐ用はないし、地下鉄など東京の交通には慣れているし、不確実な道路のほうがリスクが高いとも思っているから。
でも、本作を読んでみて、川鍋社長の経営する日本交通のタクシーってどんなのなんだろうか?と興味を持ってしまった。
しかも、どうせなら日本交通専用タクシースタンドから乗ってみたいという気持ちがムクムク湧いてきた。
本作は日本交通にとってはこれ以上ないプロモーションツールとなると言っても言いすぎでない作品だと思う。


サッカーをもはや体で楽しめなくなったあなたにこそオススメな一冊


昔のような体力に任せてボールを追いかけるのではなく、省エネしつつおいしい場面だけヒョッと出現するプレイに徹しているぼく。
サッカー、もしくはフットサルの話。
あまり身体能力が優れていないぼくは、どちらかというと昔から頭を使ってスポーツを楽しむことが多かった(高校時代のアメフトはまったく貢献できなかったけど・・・)。
そんなぼくが大いに楽しむことができた本が『4-2-3-1―サッカーを戦術から理解する (光文社新書 343)』。
サッカーのシステムにまつわる話がこれでもかと書かれている。
ジダンやロナウジーニョをいったスーパースターを擁したチームが敗れてしまう理由をシステムをベースに解明している。
もちろん、サッカーとは長方形のフィールドの中を22人の選手が戦い、身体能力・サッカースキルがモノを言うスポーツであるものの、システムが勝敗を左右する場合があることもある。
だから、システムありきでサッカーを語る気はない。
ただ、どんなにスーパースターを揃えたところで、システムに欠陥があれば敗れてしまうことだってある(野球で例えるならば、いつもFAで巨額の投資を行う某チームをイメージすれば判り易い)はわかってもらえると思う。
トルシエ、ジーコ、オシムのサッカーを解剖し、どこに欠点があるがために日本のサッカーが成長できないでいるのかもシステムという切り口から切り込んでいる。
もちろん、著者の提唱するシステムこそが日本の採るべきものではないと思う。
タレントがいないのであれば、理想のシステムを導入しても機能しないのは明らかだし、
ならば現有のタレントを活かし、敵のゴールにボールを突き刺すことができるシステムは何か?を考えることが必要で、システムとタレントは両輪として互いに成長していかなければならないとぼくは思う。
相手の強みも打ち消すシステムも必要なわけで、柔軟なシステム変更に対応できるタレントを揃えることは、確かに求められるだろう。
こういった点ではオシムの掲げた「ポリバレント」はそれまでの前任者にない発想に映ったわけだが、その発想も新たな監督となって停止しそうな印象を受けずにはいられない。
今月末にはヨーロッパ組も交えてキリンカップに臨む日本代表。
日本代表の試合に向け、ぜひこの本を読んでおいて損はないはず。
これまでと違う試合観戦の楽しみを持てるはずだし、体力に自信がなくなったオジサンサッカーファンにとっては話が盛り上がること間違いなし!
早速、フットサルの仲間に遅ればせながらオススメしておくか。


久々に楽しめた経営戦略本 『逆転の競争戦略』


このところインプットが多すぎるので、それに比例してかアウトプットに対する欲求も強まっていてブログのエントリが連続中。
次のネタも準備しているのでお楽しみに。
さて、タイトルの通り『逆転の競争戦略 第3版―競合企業の強みを弱みに変えるフレームワーク』を読んだ。
これは、とある自主研究をしてるときにたまたま出会って勢いで買ってしまった本。
最近の経営関連本をあまりおもしろくないと感じられず、どちらかというと仕事上必要に駆られて読む場合が多いけど、この本は例外的に面白く一気に読み進めることができた。
何が面白いかというと、とにかく事例が豊富なこと。
マイクロソフトにとってのグーグルの脅威の話とか。
当たり前のことだけど、業界1位の企業よりもそれ以下の企業の方が多くこれらの企業の人が下克上を果たすためにはどうよう観点で戦略を組み立てたら効果的かが書かれている。
トップ企業を戦略のジレンマに陥らせて競争の土俵に上がらせないようにする手なんてのは「確かに」と思わされるはず。
たとえば、J&Jが奥歯にまで届く小型歯ブラシを発売してバカ売れしたとき、トップで歯磨き粉も販売しているライオンは小型歯ブラシを売り出すと歯磨き粉の売れ行きが鈍るので手が出せないとか。
もちろん1位企業が下克上を防ぐための対策も紹介されているので、1位企業に勤める人にとっても読み応えあることは確かなので、ぜひ。


『そうか、もう君はいないのか』


城山三郎の『そうか、もう君はいないのか』を読んだ。
経済小説は何冊も読んできたぼくだけど、なぜか城山三郎の作品は読んだことがない。
さて、今回読んだ本、城山三郎と奥さんの出会いから、奥さんが亡くなるまでの記憶をたどった作品。
何十年も連れ添った妻が先立った寂しさが、驚くほど淡々と綴られている。
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』が、おかんが亡くなるまで、そして亡くなってからのぼくの気持ちをこれまでかと綴っていたのに比べると、驚くほど亡くなる話は淡々としている。
亡くなったという事実から目をそらしたいかのように、亡くなる時期の話が淡々としたところは、分身を亡くした寂しさをむしろ際立たせている。
この作品は、おそらく結婚していない人にはおそらく気持ちがわかりにくいはず。
だからこそ、まずは結婚した人に読んでもらいたい。
結婚をしていない人は、ぜひ結婚してから。
ぼくの考えた名言の中でも秀逸なものがこれだ。
ぜひ、心に刻んでほしい。
「結婚とは、人生の中で唯一自分の家族を選ぶことができるイベント。」
権利を行使し、自分の選択に責任を持って相手を大切にすることことも人生と思うのは少々大げさ?
ぼくだったら、この本はいずれ生まれるかもしれない自分の子に送りたい。
間違えても妻には贈りたくない。
なぜなら、小恥ずかしいから!


今こそ、多湖輝!


「地頭力」というキーワードがホットなビジネスシーン。
この前の東洋経済でも特集が組まれるなど、コンサルティング業界・外資系企業では当然とされてきた「地頭力」が、いよいよコモディティ化しそうな勢いで、ますますコンサルタントが付加価値を提供することが難しくなりそうな予感(トホホ、厳しいもんです・・・)。
で、「地頭力」をつけたい人にオススメなトレーニング方法がタイトルの通り多湖輝の本をひたすら読みまくるというもの。
固い頭をやわらかくしたい人、転職活動に備えたい人にはオススメでしょう。
たとえば、「外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問」で物足りなかった人とか。
これまでに23冊出ているので、問題数も申し分なし!

小学生のときに父の本棚で発見して何冊か読んだことがある彼の本、ふと改めて読んでみたくなって図書館で調達してしまった。


今週の週刊文春は面白い!


タイトルのとおり、「週刊文春」最新号は面白かった。
まず、「OL1000人が選んだ『私の嫌いな大学』」。
ぼくが通っていた大学もランクイン。
OLのみなさんの観察力はさすがであながち外れてない…。
いい年こいて「BOY」はないよなぁとぼくも思う。
あまり書くと危険(?)なのでここら辺で。
もうひとつの目玉特集は「日本交通『ぼんぼん社長』タクシードライバーになる」。
マッキンゼーを辞めて家業(日本交通)を継いだ川鍋さんのタクシー乗務日誌。
タクシー業界の現場で働く悲喜こもごもが伝わってくる文章。
マッキンゼーの元同僚を乗せたり、お客に正体がばれたり、さらには料金踏み倒しにあったり。
一方で、きっちり結果を出して、社員からほめられる場面も。
雑誌で社長自らの乗務日誌を載せるのはグッドアイデアでしょう!